小学生が1日で痩せる方法、2日で3キロ、1週間で5キロ、1週間で10キロなど、ダイエット方法や体験談をご紹介。足を細くする方法や見た目が痩せる方法もご紹介しています。

小学生が1日で痩せる方法!子供でもできる簡単短期間ダイエットは?

一週間で10キロ痩せる方法は?

一週間で10キロ痩せる方法は?①

投稿日:

1週間で10キロ痩せる方法!

1週間で10キロ痩せたい!と思っていませんか?

1週間に10kgはかなり大変な数字ですよね。

容易にできるものではありません。

しかし今回、1週間に10kg痩せる方法について

実践者の経験談やアドバイスをいただきました。

それを紹介していきたいと思います。

きっと役に立つことと思いますので

ぜひ読んでみてくださいね。

 

30代女性
ダイエット方法にも、色々とありますが、カロリーで分類すると、「食事を調整して摂取カロリーを少なくしてダイエットする方法」と「運動をして消費カロリーを増やしてダイエットする方法」の大まかにこの二つに分かれます。

運動をして消費カロリーを増やす方法は、ある程度の食事は許され、目に見えて効果が実感できるのでお勧めのダイエット法です。

運動系といってもランニングやダンス、スイミングなど、これも種類が沢山あり、その中でも、1週間で10キロ痩せる事を目標にするのなら、スイミングが効果的です。

スイミングは、運動系の中でもダントツに消費カロリーが高く、また泳ぎ方によっても消費カロリーに違いがあります。

1時間クロールをした場合は、約1039カロリー、平泳ぎをした場合は、約544カロリー、水中ウォーキングをした場合は、約198カロリーのエネルギーが消費されるのです。

さらに、スイミングの場合、プールの水温が低い程、冷えた身体を温めようと脂肪を燃焼させる働きがあるので、消費カロリーがより多くなります。

水圧の影響で、たるんでぷよぷよになったお腹や太ももの肉も、ピシっと引き締まり、スタイルもよくなるので、体重も落ち一石二鳥のスイミングは効果絶大です。
1週間頑張ってスイミングに励めば、10キロダイエットも可能です。

 

40代前半女性
一週間で10キロ痩せるのはかなりハードで貧血や栄養失調、脱水症状になる可能性が高いので自分だけで運動したり食事制限するだけで絶対に達成できない目標値なのでスポーツジムで一番ハードで燃焼率が良いコースとエステで長時間の脂肪の揉みだしを毎日受けるくらいでないと10キロ痩せられません。

時間が短すぎるので最低限の水分補給と栄養補給飲みする為に茹でたり蒸したりした野菜とたんぱく質、ダイエット効果のある飲み物と便通が良くなるような飲み物を飲んで身体に不必要な成分はだしきります。

ジムもエステも毎日通いできる事なら半日はエステで脂肪をもみだしてもらうかジムで汗を流さないと10キロは痩せないのでそこにプラスして数時間泳いで全身運動で脂肪を燃焼させ必要最低限の栄養を摂取することを一週間続ければ何とか10キロ痩せられると思います。

それでもダメなら軽めの、効き目が強すぎない下剤をダイエット5日目あたりから飲み出し下痢にならない程度に便通をさらに促し体重を減らすしかないと思います。

かなり体調的に危険がある方法ですがどうしても、の場合はこれらのことを一週間続けダメなら下剤を服用すれば何とか10キロ痩せを達成できると思います。

 

30代前半男性
まず、一週間で10kgの体重を落とすことは普通は不可能です。
まともなやり方では達成できません。
まともなやり方というのは体脂肪を減らすことで体重を落とすやり方です。

カロリー制限+運動などで体脂肪を落としていくやり方で10kg落とすのはどう短く見積もっても数ヶ月はかかります。
もちろん極端に絶食してさらに運動でもすれば、脂肪も筋肉も水分もすべて落ちて10kg減るかもしれません。

しかし、それでは書く意味がありませんので、もう少し建設的な方法を書きます。
ですので、ここでは「水分を抜く」というやり方で体重を落とす方法を書きます。

体から水分を抜く方法は2つあります。
1.体内のナトリウムを減らすとで、体液から水分の排出を促す
2.グリコーゲンを枯渇させることで、グリコーゲンと結合している水分を排出する

具体的に説明します。
まずは体液から水分を排出する方法を説明します。
細胞はナトリウムが多いと水を蓄えようとします。
ですのでナトリウムを体から減らすことが重要です。
そのために、まずは塩分(ナトリウム)の摂取量を減らします。

次に、カリウムを多めに摂取します。
カリウムを摂取すると、ナトリウムの排泄が促されます。
ナトリウムの排泄が促されれば、それに伴い水分も抜けていきます。
これが体液から水分を排出させる方法です。

次にグリコーゲンの結合水を排出する方法の説明です。
グリコーゲンは肝臓や筋肉にグルコース(ブドウ糖)が結合して貯蔵されたものです。
グリコーゲンにはその重量の3倍の水が結合します。
その水を結合水といいます。

ブドウ糖の元である炭水化物の摂取を控えれば、体のグリコーゲンは減っていきますので、それに伴い水分も抜けていきます。
たとえ1週間であっても、炭水化物摂取量を1日50g~100g程度まで減らせば、一気にグリコーゲンは枯渇するでしょう。
そこまで食事から減らしたくないのであれば、運動によってグリコーゲンを消費することです。

どちらにしてもラクな方法ではありません。
これがグリコーゲンの結合水を排出する方法です。

この2つを組み合わせれば、1週間で6kg程度の減量は十分に可能でしょう。
もともと体重100kg以上ある方であれば、10kg減もありうると思います。
体脂肪が落ちたのではなく、水分が抜けただけですのでリバウンドは確実ですが。

 

1週間で10キロ痩せる方法をお送りしました。

簡単とはいきませんが、いろいろな方法がありましたね。

基本的に効果のあるダイエット方法なので、

時間をかければかなりの効果が期待できそうです。

ぜひできるところからやってみてくださいね。

 

このサイトでは1日で10キロ痩せる方法なども載せています。

こちらも知識として役立ちますので、

ぜひ読んでみてくださいね。

あなたの悩みが解決されることを願っています。

 

次回は1週間で10キロ痩せる方法パート2です。

お楽しみに!

-一週間で10キロ痩せる方法は?
-, , ,

Copyright© 小学生が1日で痩せる方法!子供でもできる簡単短期間ダイエットは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.